女性ホルモンとは

スポンサード リンク

女性ホルモンとは、卵巣から分泌される卵胞ホルモン黄体ホルモンがあり、卵胞ホルモンエストロゲン黄体ホルモンプロゲステロンと呼ばれます。
この2つの女性ホルモンの作用を受けることにより、女性の身体にある生殖機能が発現、維持され、生殖を行うことができます。
特に女性の身体の形成に深く関わっているのはエストロゲン卵胞ホルモン)です。プロゲステロン黄体ホルモン)はエストロゲンの作用を補足したり強めたりする働きがあります。
エストロゲンプロゲステロンの2つの女性ホルモンの影響により、女性の身体は乳房が膨らむ、丸みを帯びた体、肌が滑らかなどの特徴が現れてきます。
女性ホルモンであるエストロゲンプロゲステロンは分子量が小さく、ホルモンの受容体が標的細胞の中にあり、簡単に細胞膜を通り抜けることができるステロイドホルモンに属しています。

14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座