女性ホルモンのしくみ

スポンサード リンク

女性ホルモンのしくみは、まず、脳の視床下部から下垂体を介して,卵巣刺激ホルモンが分泌され、卵巣に排卵するよう指令が出されます。
この卵胞刺激ホルモンの作用で、卵巣の中にある卵胞の発育が促され、プロゲステロン黄体ホルモン)が排卵を促します。
成熟した卵胞は、卵胞ホルモンを分泌し、子宮内膜が増殖します。
ある一定量の卵胞ホルモンが分泌されると、卵胞刺激ホルモンの分泌が休止し、替わって下垂体から黄体化ホルモンが大量に分泌されます。
この黄体化ホルモンの作用で、成熟した卵胞が破裂し、卵子が放出される排卵が起こります。
残った卵胞は組織が黄体に変化し、プロゲステロンを分泌します。
プロゲステロン黄体ホルモン)は、受精卵が着床しやすいように、子宮内膜を厚く柔らかくします。
受精卵が子宮内膜に着床したとき、胎盤ができるまで黄体がプロゲステロンを分泌し、妊娠が成立し維持されます。
しかし、受精が成立しなかった場合、プロゲステロンは分泌されなくなり、子宮内膜が剥がれ落ち月経になります。

14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座