子宮への女性ホルモンの働き

スポンサード リンク

子宮への女性ホルモンの働きは、周期的に月経が起こることなど、他の臓器に比べても女性ホルモン子宮への影響は大きなものがあります。
排卵前になると、卵胞ホルモンの作用で子宮内膜が増殖し、子宮内膜が厚く柔らかくなります。
さらに、子宮頚管腺から粘液が分泌され、粘り気のある透明なおりものが増えてきます。
この他に、女性ホルモンは子宮筋に対して、たんぱく質の合成を促して細胞を増殖させたり、細胞に水分をためて弾力性を高めたりする働きがあります。
特に妊娠時には、卵胞ホルモンの分泌が盛んになるので、このような作用が大きく現れて子宮が大きく、柔らかくなり胎児のための環境づくりを行います。
出産後は、卵胞ホルモンの分泌量が減り、子宮はほぼ元の大きさに戻ります。

14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座