月経困難症

スポンサード リンク

月経困難症とは、月経の時下腹部の痛みや腰痛、頭痛、吐き気、がるさ、めまい、眠気、立ちくらみなどの不快感が長く続いたり、鎮痛剤を飲まないと我慢できないなど、日常生活に影響がある症状が出ることを月経困難症といいます。
月経の度に月経困難症の症状がひどく出て、鎮痛剤が必要だったり寝込むほどの場合は、子宮筋腫子宮内膜症などの病気が原因のことがあります。
月経痛が強く、毎回鎮痛剤が必要だったり、吐き気やめまい、立ちくらみなどの症状が長く続く場合は、早めに受診することが大切です。

14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座