子宮筋腫とは

スポンサード リンク

子宮筋腫とは、子宮筋層にできた良性のコブのことです。
子宮は、腹膜で外側をおおわれ、その内側に筋層があります。筋層は分娩時の子宮収縮に対応できるように、縦横無尽に伸縮することができます。
子宮筋腫は、その筋層を構成する平滑筋の中にできる良性の腫瘍で、がんとは違って組織を破壊したり、転移したりすることはありません。
ただし、縦横無尽に伸びる子宮の筋層にできるため、どんどん大きくなることもあり、また、子宮筋腫自体も大変硬いコブなので、子宮筋腫が大きくなると、子宮筋腫の存在によっていろいろな症状が現れ問題になります。

14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座