子宮筋腫の種類

スポンサード リンク


子宮筋腫の種類は、子宮筋腫ができた場所により、しょう膜下筋腫筋層内筋腫子宮壁内筋腫)、粘膜下筋腫の3種類に分けられます。 しょう膜下筋腫とは、子宮の一番外側を覆っているしょう膜の下にできる筋腫で、子宮の外側に突き出て大きくなります。 筋層内筋腫子宮壁内筋腫)とは、子宮の筋層の中にできた筋腫で、周りの子宮筋を押しのけて大きくなります。 粘膜下筋腫とは、子宮の内側を覆っている子宮内膜の下にできる筋腫で、子宮腔内に突き出てきます。 子宮筋腫の多くは、はじめは筋層内にできます。筋腫は丸く硬いコブ状のもので、平滑筋と線維組織でできています。 子宮筋腫は、このようないろいろな種類の筋腫が複数できて、子宮が凹凸になり筋腫の成長と一緒に、子宮が肥大していきます。
14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座