月経困難症

スポンサード リンク

月経の時に起こる腰痛、下腹部痛などの月経痛や、頭痛、めまい、吐き気、発熱、下痢、嘔吐などで、日常生活に差し支える程症状が強く、鎮痛剤など薬や治療が必要なものが月経困難症です。
子宮筋腫がある場合の月経困難症は、月経の開始から、月経の期間中、腰痛や下腹部痛などの月経痛の痛みがずっと続くことが多いようです。
子宮筋腫が子宮内腔にできる、粘膜下筋腫などの場合、月経痛が強くなることがあります。
また、下腹部痛が強い場合は、子宮筋腫が子宮の内側にできる有茎性粘膜下筋腫の場合もあります。
これは子宮筋腫自体の重みで子宮の内膜を引っ張り、膣の方向に飛び出してくるため、筋腫分娩の状態になり、筋腫を膣から押し出そうと子宮が強く収縮するので、陣痛のような下腹部痛を生じます。
この時、筋腫の茎の部分がねじれて筋腫に血液が流れなくなると、血の塊をともなった大量の出血と腹痛が突然起こり、ショック状態になり緊急入院になることがあります。

14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座