おりもの(帯下)

スポンサード リンク

子宮筋腫があると、黄色っぽい水のようにさらさらとしたおりもの帯下)が増えることが多いようです。
おりもの帯下)が増える原因は、子宮筋腫によって子宮内膜がただれ、そこから水のような分泌物が染み出てくるためです。
子宮内膜がただれるのは、子宮筋腫が子宮の血管を圧迫し、子宮内部の血液の流れが悪くなり、血流が滞ることで、血液中の水分が染み出て子宮内膜の表面がただれやすくなるためです。
また、子宮筋腫がエストロゲンの分泌を盛んにし、エストロゲンが子宮内膜腺や子宮膣部糜爛腺の分泌を促すために、通常のおりもの帯下)より粘り気のある、粘液性のおりもの帯下)が増える場合もあるようです。

14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座