排尿障害、便秘、腰痛

スポンサード リンク

子宮筋腫が子宮の周辺の臓器を圧迫することにより、それにともなって排尿障害便秘腰痛などの様々な症状が現れてきます。
子宮筋腫により膀胱が圧迫された場合は、尿の容量が少なくなったり、頻尿などの排尿障害になります。
子宮筋腫が尿道を圧迫している場合は、尿意があるのに尿が出なかったり、尿が漏れる、排尿時に痛みが生じるなどの排尿障害の症状があります。
子宮筋腫が直腸を圧迫している場合は、腸管が狭くなったり、ふさがれてしまったりして便秘になります。
また、子宮筋腫が子宮の後ろ側にできて大きくなると、腰椎の神経が圧迫されて腰痛の症状が現れます。

14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座