子宮筋腫になりやすいのは

スポンサード リンク

子宮筋腫は、30歳以上の女性の4人に1人はもっている病気と言われています。
子宮筋腫になりやすいのは、ホルモン分泌の盛んになる30代、40代の性成熟期です。
この年代になると、子宮筋腫の成長に関わっていると考えられる、女性ホルモンの一つエストロゲンの分泌も盛んになります。
エストロゲンは脂肪に蓄えられるため、ふっくらとした女性は子宮筋腫になりやすいともいわれますが、太り気味の人は骨盤内の血液の循環が悪くなりやすく、便秘や冷え性になりやすいことと、子宮筋腫がある場合も便秘や冷え性になりやすいことで、体型をみて子宮筋腫になりやすいとは言えません。
また、子宮筋腫は遺伝すると思われがちですが、子宮筋腫は遺伝する病気ではありません。
親や姉妹など近い親族に子宮筋腫の人がいる場合、子宮筋腫になりやすいのは、日常生活や食生活、生活環境など共通していることが多いので、体質の遺伝だけが子宮筋腫の原因ではないと考えられます。

14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座