子宮筋腫の原因は不明

スポンサード リンク

子宮筋腫は、ガンとは違い他の組織に転移することのない良性の腫瘍ですが、子宮筋腫の原因は不明です。
子宮筋腫の原因は、筋腫になる細胞の染色体の異常ではないかといわれています。
これは一つの子宮内に複数の子宮筋腫があった場合、それぞれの筋腫の核(筋腫の芽)は別々にできたものですが、それぞれの筋腫の核(筋腫の芽)は染色体の異常のある細胞からできているからです。
子宮筋腫の原因は不明ですが、子宮筋腫の成長に影響しているのは、女性ホルモンの一つであるエストロゲン卵胞ホルモン)の分泌だと思われます。
このため、エストロゲン卵胞ホルモン)の分泌が活発になる30代、40代の性成熟期の女性に多く子宮筋腫が増えるようです。

14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座