超音波検査(エコー検査)

スポンサード リンク

子宮筋腫の検査方法では、小さな子宮筋腫の発見や、数、大きさ、位置などを特定するために超音波検査エコー検査)が必ず行われます。
超音波検査エコー検査)には、腹部に超音波を送受信する器具で超音波を当てて、そのはね返り具合によって内部の断面を画像に映し出す経腹超音波検査方法と、腹部に使うものより小型の細い器具を、膣内に挿入して子宮筋腫を検査する経膣超音波検査方法の2種類があります。
経腹超音波検査方法は、お腹の上を自由に動かせるので、10cm以上の大きな子宮筋腫の検査方法に向いています。
経膣超音波検査方法は、比較的小さな子宮筋腫や、子宮内膜の状態、卵巣内の卵胞の大きさなどを診るのに向いています。
どちらの超音波検査エコー検査)も、痛みや副作用がなく、その場ですぐに結果がわかるという利点があります。

14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座