CT検査

スポンサード リンク

CT検査とは、コンピュータ断層撮影法のことです。
CT検査では、X線や磁気を当てて、身体を輪切りにした横方向の断面を、コンピュータで画像化して診断を行います。
このため、CT検査では、深いところにできた腫瘍の診断には適していますが、MRI検査のように一つ一つの子宮筋腫の大きさや位置などの、詳しい診断をすることはできません。
子宮筋腫の検査方法では、MRIを持たない医療機関や、一緒にリンパ節を診たい場合などにCT検査が行われます。

14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座