子宮鏡検査(内視鏡検査)

スポンサード リンク

子宮筋腫の検査方法では、粘膜下筋腫の子宮筋腫があると思われる場合や、子宮内膜ポリープの有無を診るため、子宮鏡を使って子宮内腔を調べるために子宮鏡検査内視鏡検査)が行われます。
子宮鏡検査(内視鏡検査)は、膣から挿入した子宮鏡で、子宮内腔を直接観察することができる検査方法です。
子宮鏡には細いヒステロファイバースコープと比較的太い硬性鏡のヒステロスコープがあります。
ヒステロファイバースコープは、直径が3mm程度と細く、痛みもほとんどないので麻酔をすることもなく、子宮頚管拡張もしないで検査することができ、外来で10分くらいで終わるので出産経験のない人でも安心です。
硬性鏡ヒステロスコープは、直径が約8mmくらいと太いので、主に部分麻酔ですが麻酔が必要になりますが、画像が鮮明で細かいところまで診ることができ、操作用の穴に器具を通して手術を行うこともできます。

14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座