子宮内膜組織検査

スポンサード リンク

子宮筋腫があって、さらに生理以外の不正出血があったり、子宮内膜の細胞検査で異常のある細胞が発見された場合は、子宮内膜組織検査が行われます。
子宮内膜組織検査は、子宮内膜の組織をとって顕微鏡で調べる方法で、採取した組織が子宮内膜にできるガンや肉腫など、悪性腫瘍かどうかを調べます。
子宮内膜組織検査では、組織をとるときにチクリとした痛みがあります。

14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座