子宮筋腫の治療方針

スポンサード リンク

子宮筋腫は、基本的に良性の腫瘍なので、治療が必ず必要というわけではありません。そのため、子宮筋腫の治療方針は、子宮筋腫による症状によって決められます。
子宮筋腫による症状がない場合は、経過をみて定期的に検診を受ける、経過観察になります。
子宮筋腫による症状がある場合や、悪性の子宮肉腫の可能性がある場合は、薬物療法手術が必要になります。
子宮筋腫では手術が必要になることは少なく、子宮筋腫があっても日常生活に問題がない場合は手術は不要です。
しかし、手術が必要になる場合もあるので、その時は子宮筋腫がどんな状態なのか、手術にはどんな選択肢があるのかを医師とよく相談し、考えて選択しましょう。

14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座