経過観察

スポンサード リンク

子宮筋腫があった場合、過多月経などの症状がなく、子宮筋腫が小さい場合、その多くは手術の必要がない経過観察になります。
経過観察とは、それぞれの状態に合わせて3ヶ月から6ヶ月に1回程度、定期的に検診で診察と画像診断を行って、子宮筋腫の大きさや、子宮筋腫による症状の有無を確認することです。
経過観察の間は、生理の時の出血量や不正性器出血の有無、おりものの状態、下腹部痛などと、めまいや身体がだるいなどの貧血の症状がないか日常的に気をつけます。
定期的に子宮筋腫の検診を受けることで、子宮筋腫にともなう貧血など、様々な症状が出るのを早く予防することができ、また、子宮肉腫や子宮内膜症なども早期に発見できるので、決められた間隔できちんと検診を受けることが大切です。


14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座