手術が必要な場合

スポンサード リンク

子宮筋腫の治療で、手術が必要な場合はあまり多くはありません。
子宮筋腫手術が必要な場合は、子宮筋腫の大きさだけで決めるのではなく、子宮筋腫の症状によって決められることがほとんどです。
薬物療法で症状が改善されない時や改善する見込みがない時、貧血がひどい時などは手術を勧められることが多くあります。
子宮筋腫があって、手術が必要な場合は、生理のときの出血量が多く貧血がひどい人、子宮筋腫が原因となって腰痛や排尿障害、便秘がある人、子宮筋腫が原因で不妊になっていると思われる人、子宮筋腫が10cm以上と大きく、また、子宮筋腫の成長が速く子宮肉腫などの疑いのある人、閉経後に子宮筋腫が成長した人などは、手術が必要な場合があります。

14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座