薬物療法による治療

スポンサード リンク

子宮筋腫薬物療法による治療には、子宮筋腫が原因になっている症状を軽減するための薬物療法と、一時的に子宮筋腫の成長を抑え、子宮筋腫を大きくしないことを目的とする薬物療法があります。
薬物療法による治療は、子宮筋腫による生理の時の生理痛の緩和、月経過多、貧血の改善、腰痛や便秘、排尿障害、下腹部の痛みなどの症状を少しでも軽減することが基本になっています。
子宮筋腫薬物療法による治療で、最も多く使われているのはGn-RHアナログ療法という偽閉経療法です。
この薬物療法による治療は、合成ホルモン剤による治療で、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌を抑え、排卵を起こらなくさせ生理を止め、閉経に似た状態をつくり出す方法です。
この治療中は、体内のエストロゲン(卵胞ホルモン)が不足して、骨粗しょう症になりやすく、長期間続けることはできません。
子宮筋腫の原因は今のところわかっていないので、薬物療法による治療では、子宮筋腫を根治することはできません。

14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座