子宮筋腫核手術

スポンサード リンク


子宮筋腫核手術とは、正常に近い子宮に戻すことを目的とし、子宮にできた筋腫だけをくりぬくように、一つ一つ取り除く手術で、将来妊娠を希望する場合など、子宮を残せるという大きな利点があります。 子宮筋腫核手術は開腹により外側から子宮筋腫を取り除く手術ですが、子宮筋腫の種類が、粘膜下筋腫やしょう膜下筋腫で、数が少なく内視鏡で手術できると判断された場合は、内視鏡手術が行われます。 子宮筋腫核手術の場合、手術で取り除くことのできる子宮筋腫は肉眼で見える筋腫のみなので、ごく小さな筋腫まで全てを取り除くことはできません。 このため、また筋腫ができてくることがあり、数年後に再手術が必要になる場合があります。 また、子宮筋腫核手術後に、子宮筋腫を摘出した傷の部分に癒着が起き、卵巣や卵管、大腸などと癒着してしまうこともあります。 子宮筋腫核手術は、年齢的に妊娠が可能で、将来妊娠を望む場合には適していますが、手術をした位置や程度により、分娩時に子宮破裂を起こすこともあり、その時は帝王切開になります。 子宮筋腫核手術を受けた後は、筋腫が再び発生する可能性があるので、経過観察が必要です。 ⇒ 14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座