子宮全摘手術

スポンサード リンク


子宮の全摘出術


子宮全摘手術は、子宮膣部から上にある子宮全体を取り除く手術で、子宮筋腫を完全に治す治療法なので、子宮筋腫による過多月経や強い生理痛、貧血、腰痛などの症状から解放され、子宮筋腫の再発や子宮ガンなど、子宮に関わる病気の心配がなくなります。 子宮全摘手術をした後は、子宮がなくなるので妊娠や出産ができなくなります。 このため、子宮全摘手術の適応には、出産を望まない人、年齢などから出産が無理な人、子宮肉腫の疑いがある人などになります。

子宮の全摘出と片方の卵巣も摘出


子宮全摘手術では、卵巣や卵管を切り離し、子宮だけを取り除きますが、子宮と卵巣が癒着している時や、卵巣に異常があった場合はその卵巣も取ります。 しかし、この場合卵巣は片側を残し、ホルモンのバランスが崩れないようにします。 子宮全摘手術をすると、生理はなくなりますが、卵巣によって排卵や女性ホルモンの分泌も十分にあるので、ホルモンバランスの調整に戸惑うこともありません。
14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座