子宮全摘手術の種類

スポンサード リンク

子宮全摘手術には、開腹して手術する腹式子宮全摘手術と、膣から手術をする膣式子宮全摘手術があります。
腹式子宮全摘手術は、お腹の中を直接十分に診ることができるので、子宮筋腫が大きい時や、子宮に癒着があった時でも、安全性に優れ確実な手術をすることができます。
腹式子宮全摘手術の場合、下腹部を縦に切開するか、恥骨の上の皮膚を横に切開して手術をします。
横切開は、手術後皮膚の傷跡が恥毛で隠れて目立たなくなりますが、子宮と周囲の臓器との癒着がなく、子宮筋腫が小さい場合に限られます。
子宮筋腫が大きい時や周囲の臓器と癒着がある場合は縦切開になりますが、縦切開は腹腔内をよく確認することができ、他の臓器の異常などもわかります。
膣式子宮全摘手術は、膣からメスを入れ子宮を取り出す手術で、お腹に傷ができず回復が早いというメリットがありますが、膣が狭い場合や周囲との癒着がある場合、大きな子宮筋腫などの場合はできず、また、原則として出産の経験がない場合なども行われません。

14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座