入院までの準備

スポンサード リンク

子宮筋腫手術が決まったら、入院の予約を入れます。
子宮全摘手術の場合は、腹式の手術でも膣式の手術でも、生理とは関係なくできますが、子宮筋腫核手術や内視鏡(子宮鏡)手術の場合は、生理中は手術することができません。
子宮筋腫手術には、特に子宮全摘手術などは身体に大きな負担がかかります。
入院までの準備には、体調を整えておくということも大切なことです。
身体に無理な負担がかからないように気をつけ、ストレスなどをなるべくためないようにし、身体を休めておきましょう。
子宮筋腫により過多月経などで、生理時の出血量が多く、貧血がある場合には、貧血の程度により、入院までに貧血の治療をする必要があります。
また、手術のための入院の期間は2週間前後あるので、留守中の家のことや会社への準備、保険に入っている人は保険会社に連絡するなど、入院までの準備が必要です。


14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座