入院から手術まで

スポンサード リンク

子宮筋腫の手術では、粘膜下筋腫の筋腫分娩以外は入院が必要になります。
入院は手術の数日前の午前中がほとんどです。
入院後、担当の医師から検査や手術についての詳しい説明があります。
この説明を聞く時は、プライベートな問題もあるので、パートナーなど一緒に説明を聞いてほしい家族だけにしたほうがよいでしょう。
また、手術の当日は立会いの人が必要になります。
誰が来てくれるのか、手術後の説明は誰が受けるのか、もし、筋腫が悪性腫瘍だった場合の告知はどうするのかなど、医師から手術前に聞かれるので確認しておきましょう。
子宮筋腫手術の前には、貧血の有無や血液の凝固を調べる検査、肝機能検査、腎機能検査、尿検査、呼吸機能検査、胸部レントゲン、心電図、アレルギー検査などがあります。

14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座