子宮筋腫と不妊

スポンサード リンク

子宮筋腫があると、必ずしもそのことが原因で不妊になると言うわけではありませんが、子宮の中で子宮筋腫のできた位置や、子宮筋腫の大きさ、子宮筋腫の数などによって不妊につながってしまうことがあります。
子宮筋腫が子宮の筋肉内にできる筋層内筋腫や、子宮の内側にできる粘膜下筋腫の場合、子宮内腔に変形が起こり炎症が起こりやすくなったり、受精卵が子宮の内膜に着床しにくくなるため、不妊の原因になる可能性があります。
子宮筋腫によって頻発月経になり、生理が多くなっている場合も、子宮内膜の剥がれ落ちる周期が速くなっているため、排卵があって受精しても着床しにくく、不妊につながっていることもあります。

14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座