子宮筋腫と妊娠・出産

スポンサード リンク


子宮筋腫がある場合でも、妊娠・出産については特に心配はありません。 妊娠した場合、女性ホルモンの分泌量が増えるので、子宮と一緒に子宮筋腫も大きくなりますが、子宮筋腫によって、胎児に栄養が行かないとか、子宮内が子宮筋腫によって狭くなり、胎児の発育が邪魔されることはないので、子宮筋腫と共存したまま出産に至ります。 出産の時、子宮筋腫のできている位置などが問題にならず、胎児の頭が産道を通れる場合には、自然分娩になります。 しかし、陣痛が起こった後で、産道が開かず、胎児の頭が下りてこない時や、子宮頸部に子宮筋腫があり産道をふさいでいる場合などは、帝王切開になることもあります。 また、子宮筋腫があると、子宮の収縮が悪くなり、出産後なかなか出血が止まらないこともあり、その場合は子宮収縮薬などが処方されます。 ⇒ 14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座