手術後の日常生活

スポンサード リンク

子宮筋腫の手術後の日常生活では、手術後しばらくの間は体力の回復を優先し、薬の服用や定期検査などは、医師の指示通りにきちんと行いましょう。
子宮筋腫の手術で、子宮全摘手術を受けた場合、手術後は、子宮を失ってしまったという喪失感から、気持ちがふさぎこんでしまったり、落ち込んでしまうことがあります。
しかし、もう子宮筋腫という病気が再発することや、月経過多で生理が重かったり、ひどい月経痛が起こることはないので、明るくプラス思考で考えることが大切です。
特に医師からの注意がない限り、日常生活は今までと同じに過ごすことができます。
子宮喪失症候群で、肩こりやほてり、痺れ感などがある場合も、一時的なホルモンのバランスの乱れによるものなので、時間が経てば落ちつきます。
子宮筋腫の手術後の日常生活で、なかなか不安や身体の不調が治らない人は、一人で悩まず、医師や家族、また同じ経験を受けた女性が集まっているサークルなどがありますので、そういうところからアドバイスを受けたりすると心が休まります。

14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座